natsumichiロゴ   お便り | Contactサイトマップ | Site Mapホーム | Home
おしらせ | News
"natsumichi"とは | "natsumichi"
パターン | Pattern
アイテム | Item
リンク | Link
型染とは | "KATAZOME"
 
雑記帖 | Note Book
2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 | 2005 | 2004 | 2003 || RSS
みつけた北九州 2008.12.17
神田の古書店街をぷらぷらしてきました。古本の中にいるとなんだかとてもわくわくします。ふらりと立ち寄ったお店のフリーペーパーが積まれている場所にすーっと引き寄せられ手にとったのがこの『雲のうえ』という北九州の情報誌でした。ぱらぱらと何ページかみたら、写真も文章も魅力的でおもしろく引き込まれてしましました。お店においてあったのが第6号から最新号の9までだったので帰宅してからさっそくバックナンバーを頼みました。1号から3号までは在庫がないそうです。残念!情報誌というと最新のお店やイベントの事が中心のものが多いですが、これは違うのです。そこにしかない生活や歴史、そして匂いや空気がじんわりと伝わってくるそんなすてきな本でした。いつか行ってみたいな。
     
ワクワク 2008.12.1
来年秋の展覧会でご一緒する木工作家さんの工房へ行ってきました。場所は群馬県の沼田。尾瀬の近くです。高崎駅から3両編成の上越線に乗り、ボックス席で高崎名物「だるま弁当」を食べると旅行気分が一気に盛り上がりました。工房はとてもとても広く(学校の体育館ぐらい!)充実していて、普段そうあがることもないテンションがあがりはしゃいでしまいました!!!展覧会の打ち合わせをし、それから沼田のまちを案内していただくといつのまにか日は暮れていてあっという間の一日。工房見学は本当にたのしい。材料や道具がならぶ空間はなぜかワクワクしてきます。来年の展覧会が今から楽しみです。
     
ペリペリパリパリ 2008.11.20
新柄の型紙を紗張りしました。型が乾いた後にバラバラにならないようにつけておく“つなぎ”を、型の裏からすこしずつはがします。これはコツのいる難しい作業なのですが、良い加減ではがせた時は「ペリペリパリパリ」と気持ちの良い音がするのです。
     
夢の中でも 2008.10.29
「おいしそうー。まずそうー。いただきまーす。」青汁のCM「ん〜まずい、もう一杯!」のようなこのフレーズはNコの寝言です。何を食べたのでしょうねー。知りたいような知らずにいたほうがいいような。そしてそして、両足をバタバタさせながら右腕をグルグルまわしていたのはY太の寝言ならぬ寝動き。何の動きだったんでしょうねー。何かの合図?踊り???夢の中でなにやら楽しげなこの二人(本人たちは全く記憶にナイとのこと)、現実の世界でも似たところのある二人なんです。
     
うろこ雲 2008.10.8
暮れゆく空にうろこ雲。とてもきれいで眺めていたら、その日一日のイガイガがなくなりすっとココロが軽くなりました。空はいつでも広く大きくなんて素敵なんでしょ!
     
スイカになりたい 2008.8.28
流れる水に気持ちよさそうなスイカ。夏休みに訪れた長野でのひとコマです。日差しが強く暑いなか、こんなふうに水にどっぷりつかったらそれはそれは気持ちよかろうと、スイカになりたい気持ちになりました。でも最後には人間にパクリ!と食べられちゃいますけどね。
     
もうすぐ飛べるかな? 2008.8.19
夏休みが始まった頃、友人が(小学校の先生です)小鳥のひなを持ってきました。生徒たちが道で拾ったとのこと、餌や育てかたもわからないので父があずかる事になりました。目も開いていなくて餌も食べるか心配でしたが半日程で慣れ、小さな竹のヘラを近付けると大きな口をいっぱいあけてすりえや虫をたくさん食べるようになりました。日一日と羽が生え揃い、よちよち歩いていたのに止まり木にとまれるようにもなりました。オナガです。巣立ちの日も近いかな。
     
なにしろ暑い! 2008.7.30
夏の染めの作業は、糊の乾きがはやく染め上がりの色も安定するのですが、なにしろ暑い!日光にあたると発色不良になるためカーテンをしめての作業。部屋は蒸し風呂です。それでも先週までは汗をかきかき(修行のような)作業を続けていましたが、ついに音を上げ少しお休み。今週から数週間は布の裁断と新しいデザインを考えることにしました。今日はコースター用の布を裁断。なかなかの進み具合です。ん〜それにしても毎日暑い!
     
誕生日の贈り物 2008.7.6
先日35回目の誕生日をむかえました。『死神さんとアヒルさん』相棒からのプレゼントです。色鉛筆とコラージュで描かれています。生きていること、いつか死をむかえること、誰かを思う事、たんたんと綴られた静かな言葉が心にそっと寄り添ってくれるのです。これから一緒に歳をかさねる大切な一冊になりました。
     
愛嬌抜群 2008.6.21
先週の数日続いた晴れの日にやっと衣替えをし、そのときにタンスの奥から人形がでてきました。5年ほど前にnatsumichi相棒から教えてもらったタオルと手ぬぐいで作ったあやつり人形。両手両足につけた割り箸をもってあれこれうごかし、「えんやーよ あらよっと」。その姿は愛嬌抜群です!
     
布の愉しみ2008 2008.6.3
傘が大活躍の一週間でした。2回目の『布の愉しみ』が松屋銀座ではじまりました。雨のなかたくさんのお客様にお越しいただきうれしいかぎりです。昨年ご購入いただいたバッグを手に来てくださる方、外国からのお客様、布をワンピースに仕立てられ写真を持ってきてくださったお客様、生活にとけこみ使っていただいている様子をお知らせいただけて、感激しています。来週の月曜日まで開催しております。お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
     
地白の柄 2008.4.27
もうすぐ風薫る5月。花も緑も風も生き生きとしてきました。先日、久しぶりに地白の柄を染めました。地白とは「ぢしろ」と読み、白生地の白をそのまま地の色にしてそこに色の柄を染めることをいいます。2年ほど前にデザインしたこの柄をやっと染めあげました。水の流れにゆるやかにうごきながら浮かぶかたち。地の「白」とこの季節がよく合い、染めたばがりの布が風になびくのをあきもせずずっと眺めていました。
     
時計兄弟 2008.4.13
先日ずっと使っていた時計が動かなくなりました。何軒かのお店に修理ができるか聞いてみたのですが、部品がない、扱っていないと断られてしまいました。やっとみてもらえる時計屋やさんがみつかりました。隣町の古くからの時計店です。まずは状態を見てからということで2台をもって行くと商店街から少し離れた路地にお店があり、年配の男性が2人でニコニコと待っていてくださいました。すぐに時計を開けて中を確認してくれました。そして「なおりますよ。10日ほどかかります。」とのこと、安心して入院することになりました。ちょうど1週間で修理できたと連絡があり、お店にうかがうと新しい時計に混じってこの2台が貫禄たっぷりに壁に掛かっていました。時間の遅れや状態をみていて下さっていたとの事。ほんとうに丁寧な対応に感激しました。小さい方は大正生まれ、大きな方は昭和初期生まれだそうです。まだまだ使えますよ。と太鼓判を押してもらいました。
     
私の手 2008.3.11
ここ数年の手仕事で「手」がたくましくなりました。指は太く関節がでっぱり全体的に肉厚(!)です。とくに右手親指の付け根あたりは立派に成長しました。毎日がんばってるなぁ。今日もこれからこの手でお仕事。そしてこれからもずっとお世話になります。どうぞよろしく、私の手。
     
てくてく とぼとぼ 2008.2.21
久しぶりに母と映画をみました。以前からとても楽しみにしていた『転々』です。いつも観たい映画は雑誌やホームページをみて期待と気持ちが膨らみすぎてしまうのですが、『転々』、いいんです、すごーくいいのです。なんて言ったらいいのか。おもしろくて、愛おしくて、せつなくなるそんな時間が流れています。映画を見終わったあともそれがじーんと効いてきます。まばたきしたら何か見逃したかも!?と思うくらい隅から隅までみたくなります。
     
同じ光 2008.1.28
ドビュッシーのピアノ曲「月の光」。とても好きな曲です。この曲を聴くとドビュッシーがみた月の光、その同じ光を私もみるような気持ちになるのです。同じ光を想像するのです。弾くたびに聴くたびにきらきら静かに深くせつなくてキュンとなる、思いは時空を超えてはるかかなたまで。
     
じっくり。こつこつ。 2008.1.10
あけましておめでとうございます。書き初めならぬ、型置き初めをしました。年末に掃除をした部屋での作業は気持ちがよいものです。糊置きをしながら、春に向けてなにか新しい柄を考えたくなりました。じっくり、こつこつ、そして楽しく、今年もよろしくお願いいたします。
     
2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 | 2005 | 2004 | 2003 || RSS

Copyright (C) 2008 natsumichi All Rights Reserved.