natsumichiロゴ   お便り | Contactサイトマップ | Site Mapホーム | Home
おしらせ | News
"natsumichi"とは | "natsumichi"
パターン | Pattern
アイテム | Item
リンク | Link
型染とは | "KATAZOME"
 
雑記帖 | Note Book
2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 | 2005 | 2004 | 2003 || RSS
ちゃんこデどすこい 2007.12.24
2007年natsumichi忘年会はちゃんこです。今年は新高円寺・代官山・銀座・福岡・軽井沢・大阪と6ケ所を展覧会でめぐりました。長野から九州まで今までにない広範囲の各地を巡業してきたので打ち上げはちゃんこ鍋!ちゃんこのお店が軒をつらねる両国でしょうゆと白味噌の2種類のちゃんこを堪能してきました。野菜魚貝鶏豚肉といろいろな具材が入った鍋。お腹がおれないほど満腹になりお酒を飲んだりもして、ほろよい気分で今年のnatsumichi活動をおえました。相棒に感謝しながら来年もこれから先も活動を続けられるように願い、そしてそれが皆さんとつながり”愉しみ”が共有できますように。
     
型置き点検!? 2007.12.2
型置きをしたあと、乾きがわるいので、庭に布をだしました。乾き具合を見にいってみると、びくりするほど大きなカマキリがゆっくりゆっくり布の上を歩いています!悠然と歩く様子はなんだか型置きの出来をチェックしているみたいです。カメラを向けたらカマキリもこちらをみています。これから卵を生む場所でも探しているのでしょうか。秋の日の出来事です。
     
おいしいものを食べながら 2007.11.14
食事のあとに。お風呂の前に、お風呂のあとにも。朝目覚めて一番に。外出して帰ってきて。上着を脱いでさらにもう一回。先日、体重計を買いました。その時々での微妙な数字の変化に「ほ〜なるほど」と楽しんでます。実りの秋食欲の秋。おいしいものを食べながら今日も空は青く広いです。
     
静かな日常 2007.10.8
窓をあけると空は高く、ひんやりした空気。金木犀の香り。虫の声。音楽でも流そうかなと思いながらそのままに静かに時間はすぎてゆく。校庭で野球の練習をする子どもの声をききながらぼんやりと物思いにふける。「そうだりんごがあったんだ」とお茶をいれりんごをほおばる。5時のチャイムがきこえるといつしか夕暮れ時になり、窓の外をみれば空が赤く焼けいつのまにか子どもたちは家路についていた。うつりゆく空の色ををながめながら考えごとをしているとすぐに夜になっていく。そして「もうそんな時間?」とあわてて夕食の用意をはじめる。そんな静かな日常、秋の一日。
     
落語 2007.9.1
林家一門の寄席に浅草演芸ホールに行ってきました。落語は小学生の頃、近くの文化会館で柳家小さん(いきなり大御所)を聴いた依頼でした。小さなこやで赤と白の提灯がさがりこれぞ寄席!という雰囲気たっぷりの中ではお客さんとのやりとりも盛り上がり、ライブのよさを満喫しました。小学生の頃ラジオの落語番組を楽しみにしていた事を思いだしました。また落語ききたいな。
     
桃のきりかた 2007.8.16
アボガドを切るようにぐるっと一周包丁をいれる。そして、その切れ目を中心にしてねじるようにまわすとふたつにぱかっと割れるのです。先日Qさんから教えてもらった桃のきりかた。今まではまず皮をむいて、それから実をそぐように切ってましたが、アボガド方式は大きさを揃えられてとてもきれい。実演講習の時も感動でしたが、実際にやってみるとまたまた感動!!みなさまどうぞお試しあれ。桃のおいしい季節です。
     
いいにおい。 2007.8.4
カシヲリキンチャク仲間のTちゃんに赤ちゃんが誕生!まだ生まれて14日目のHちゃんに会いに行ってきました。うまれたてのHちゃんのそばで久しぶりの再会にうれしくてながくながくおしゃべりしました。去年の7月には広島の友人を訪ね、そのときはまだ未来の赤ちゃんの話をしていた事を懐かしく話したり、出産のときの感動秘話を聞けたり、たのしい時間になりました。あかちゃんてほんとにいいにおい。やさしくてやわらかいかおりにうっとりしました。
     
本の世界でどこまでも 2007.7.14
雨雨雨の三連休になりそうな予報。こんな休日はどうすごす?なにがあろうと音楽だけはなくすわけにはいかないという作家の音楽の本。「あなたはだれ?」という手紙からはじまる哲学の本。薬害で国をあいてに裁判でたたかったいのちの話。と何冊も本を用意してこれから読書の連休がはじまります。雨でも何でも本の世界でどこへでも行ける、頭の中は広くそして自由です!
     
畑のレース 2007.6.30
梅雨になっても雨が降らない今日この頃、畑は水不足です。そんな畑のなかで爽やかに咲いている花があります。人参の花。採らずにそのままにしていたらこんなに綺麗な花が咲きました。レースのように可憐です。うしろにお行儀良く並んでいるのがニンジンたちです。
     
備えは万全! 2007.6.3
6月になりました。3本の傘が雨の日を待ちこがれてます。真ん中の「青地に梨」の傘は一番の古株(以前にこの雑記に載せました)。雨の日はこの傘にあうように洋服を選んでいるぐらいです。でも、たまには雨の日に柄のある洋服を着ることもあるのです。それで、右の「薄茶地に小さな水玉」傘が登場。これでチェックや花柄の洋服でも安心です。それが先日『布の愉しみ』展の会場銀座松屋7階で傘屋さんを発見!南青山にあるお店が出展していて、素敵な傘がたくさん並んでいるのです。持ち場をこっそり抜け出しては傘を見に行き、とうとう買ってしまいました。左の「白黒赤黄のチェック」傘。冬のコートにも合うなぁ。。。ウシシ。これでもう雨の備えは万全!です。
     
たのしみ 2007.5.25
先週の火曜日から松屋銀座で『布を愉しむ』がはじまりました。爽やかな5月はお客様も初夏の装いで夏の訪れを感じます。ふだんはなかなかお客様と接する機会がないのですが、お話することができてとても楽しい時間です。7階はシーズンスタジオ、遊びのギャラリーなど様々な催しをしています。風薫る5月の銀座に是非お出かけください。
     
黄色の箱と緑のお茶 2007.4.15
朝起きて、まずは緑茶を一杯いただきます。幼い頃からの習慣、緑茶とおまけにおいしいお菓子があれば(おまけと言うよりこれが目当て!)目が覚めて、体も動きはじめます。もうすぐ新茶の季節です。若葉の色がお茶に映っているようにみえます。
     
なみだのワケ 2007.4.3
桜の季節だと思っていたら花びらはもう散りはじめています。最近、涙腺がゆるくなってきているようです。テレビで放映されていた映画版のドラえもんを見て涙をながし(ジャイアンが「やっぱり、ぴー助はわたせない!」と言うシーンで)、スポーツとは縁遠い存在なのに(逆上がりですらできません)、シンクロの試合を見て目に涙がたまる・・・。季節は春。何かから卒業するわけでも新しいことがはじまるわけでもないのですが、「別れと出会いの季節」でココロが敏感になっているのでしょうか。桜の花びらがひらひらと舞い散るのを見たらまたぐっときてしまいました。
     
フライ?ふらい! 2007.3.18
この写真の食べ物。お好み焼きではありません。埼玉県の行田、熊谷付近の食べ物なのです。紅ショウガ、ねぎ、桜えび、お肉などを地粉を使った生地のなかに混ぜて焼いたものです。味付けはソースです。お好み焼きと似ていますが、食感はぷにゅぷにゅ、もちもち、なんとも不思議なふらい焼き(名前も不思議)。お皿が見えないほど大きいのですがぺろりと完食しました。ラムネと相性抜群です。
     
のんびりひなまつり 2007.3.3
あたたかなひなまつりの土曜日。朝(かぎりなく昼に近い時間でしたが)起きてゆっくり朝食をし、3時になったらお茶の時間をたのしみ、好きな音楽をきいてのんびりしいつのまにかうたた寝。そんな一日はとてもぜいたくな時間です。
     
季節はずれの毛糸玉 2007.2.17
母の友人Fさんからたくさんの毛糸をいただきました。ピンク色のなかにブルーやオレンジなどが、ところどころに混ざっていてとてもやさしい色合いです。ふだんは編み物など全くしないのですが、その毛糸の色合いを見ていたら急に編み物がしたくなりました。高校生以来の編み物への挑戦です。ストーブにあたりながらゆっくり、一目一目手を動かしているとなんだかとってもいい気分。小さな頃母や祖母、伯母がひなたぼっこをしながらよく三人で編み物をしていた事を思い出しました。春一番が吹いてきて、毛糸のピンクが桜色に見えてきました。
     
「キンチャク」 2007.2.4
昨日「キンチャク」が無事終了しました。今年は天気にめぐまれ、ギャラリーの大きな窓からはいつも青空がみえました。にぎやかな時も静かにゆったりとした時もとても居心地のよい「ギャラリー工」で展覧会ができたことを嬉しく思います。たくさんの方にお越しいただき充実の8日間、みなさまありがとうございました。
     
どんどどんど 2007.1.18
先週末近くの河原で『どんど焼き』がありました。青竹を中心に藁をつめて、お正月飾りやお札を焼いて、神様をお送りします。冬の澄んだ青い空に向かってそびえるやぐらは、清々しく、真っ赤なだるまがキラリと光ってみえました。
     
迎春 2007.1.6
黒豆、田作り、昆布巻、おにしめ、きんとん、伊達巻きと六種類のおせち料理を作りました。今回で二度目のおせち作り。一年の間に前年の経験がすっかりどこかにいってしまい、レシピをみながら一からのおせち作りでした。丸二日間かけて作った売るほどの大量のおせちを五日間食べて完食。手作りの醍醐味である「苦労と美味しさ」を充分に堪能した年の瀬からの日々でした。今年も大事なものを見うしなわないよう、しっかりじっくり歩んでいきたいと思います。
     
2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 | 2007 | 2006 | 2005 | 2004 | 2003 || RSS

Copyright (C) 2007 natsumichi All Rights Reserved.